検討!目論見委員会Z

デデッデー デデッデー デデデ

AWSを擬人化してみた

どうも編集長(仮)です。今年もこの季節がやってまいりました。夏コミで技術系の薄い本を出します。

f:id:tboffice:20130721182951j:plain

表紙はこのような感じとなっております。「ななかInside PRESS vol.3」今回の特集は、Amazon Web Servicesです。1行もコードが出てこないiPhoneアプリの記事や、asteriskとtwilioを使った記事とか、88888コメントが一番多い動画をAmazon Elastic MapReduceで解析したりとか今回もバラエティーに富んだ内容となっております。 そのほかの記事についてはサークルのサイトをご確認ください。 8/12 月曜日(3日目) 東ぺ-15a「第7開発セクション」でお待ちしております。

細かいところ

私は、執筆者の募集からgitサーバの建立*1やら、原稿チェックやら入稿など雑用をやっておりました*2

前号はSphinxで薄い本を書いてみたという話でした。今回もSphinxを使い、Sphinx -> latex -> pdf経由で出力しました。

前回の反省を生かし、今回は、ヘッダの横線を本文の幅に合わせたり、本文の字下げをしたりしました。記事の章立ては変わっていませんが、章の数字は2段階までにしました。前回「3.1.4 タイトル」とかになっていました。さすがにやりすぎました。

今回執筆者の一部では、Markdownで書いていました。md->rst変換するMakefileを書いていた人もいましたーね

画像をepsにしないとpdfで画像がでないという問題がそのままになっておりまして、その辺はなんとかしたいところ。make htmlにして確認したときにブラウザでepsが開けないという状態になりました*3

補足

サーバ擬人化ユーザ会からおこられませんように。

*1:前回はgithub立てていてズガガガ(ry

*2:という本人も執筆しているので、編集長(仮)としてはあまり良くない例

*3:bbファイルができてるんですがplatexコマンドでこける