検討!目論見委員会Z

デデッデー デデッデー デデデ

md2inaoを使ってみるの巻

md2inao?

md2inaoというmarkdownから技術評論社の雑誌や書籍のInDesignのタグ付きテキストに変換するツールがあったので使ってみよう。夏コミの本に間に合えば使う感じで一つ(げーって言いたそうな人がいるけど無視

環境はさくらのVPS CentOS5.7(やや古い、が安定しているのに越したことはない)

結論

はい、いきなり結論です。

  • InDesign職人カモーン
    • InDesignのタグ付きテキストに変換するだけなので、タグに対応するスタイルをInDesignで作っておかないといけません[要出典][やってないだけです。はいすいません]
    • InDesignスクリプト処理できんのやろか・・・ ・・・・ ・・・・・・(頭を抱える)
  • CentOS 5.7という古い環境で実行してはいけません
    • perl 5.10以上の環境で実行しましょう。あと依存するcpanのライブラリでコケます[解決済み]

じゃあ早速、動かしてみよう!(てさぐれ!部活ものっぽいアレ

$ git clone git@github.com:naoya/md2inao.git

CPANでモジュールをインストールしておかないといけないのでやってやります。数分かかります。

$ curl -L http://cpanmin.us | perl - --sudo Text::Md2Inao
<snip>
--> Working on Text::Md2Inao
Fetching http://www.cpan.org/authors/id/G/GF/GFUJI/Text-Md2Inao-0.11.tar.gz ... OK
Configuring Text-Md2Inao-0.11 ... OK
Needs perl 5.010_000, you have 5.008008
! Installing the dependencies failed: Installed version (5.008008) of perl is not in range '5.010_000'
! Bailing out the installation for Text-Md2Inao-0.11.

で、案の定失敗します。

原因と対策

perlのバージョンが古い

  • CentOS5のperlは5.8なのでアップデートしないといけないのです
  • perl 5.10.1のソースを持ってきてビルドしてインストール。/usr/local/binに入るので $ rehashすればあら不思議[適当]

FindBin-libs-1.9のビルドで落ちる

  • perlのバージョンをアップデートして再度モジュールをインストール
  • テストでコケる
#   Failed test 'use FindBin::libs;'
#   at t/01-use-ok.t line 7.
#     Tried to use 'FindBin::libs'.
#     Error:  syntax error at /home/chiba/.cpanm/work/1401640234.28022/FindBin-libs-1.9/blib/lib/FindBin/libs.pm line 185, near "abs_path
#             catpath "
# syntax error at /home/chiba/.cpanm/work/1401640234.28022/FindBin-libs-1.9/blib/lib/FindBin/libs.pm line 322, near "abs_path catdir "
# Compilation failed in require at t/01-use-ok.t line 7.
# BEGIN failed--compilation aborted at t/01-use-ok.t line 7.
# Looks like you failed 1 test of 1.
  • 1.9って数日前にでてたのね

  • 最後に念のため

$ curl -L http://cpanmin.us | perl - --sudo Text::Md2Inao

実行してみよう

うさげを見よう

$ cd md2inao/bin
$ ./md2inao.pl
Usage:
        md2inao.pl [--format=in_design|html|inao] your_markdown_text.md > inao_format.txt
  • うさげですね

mdファイルを食わせてやろう

./md2inao.pl ../old_files/00_sample.md > taggedtext.txt
[warn] リストは63文字まで!(現在71使用):
●リスト1.1::キャプション(コードのタイトル)
function **foo**(a) { // コード内強調
    alert(a); (注:こんな風にコメントがつけられます)
}

___foo('bar');___ // コード内___イタリック___★本文と記法を変えています★
**foo('baz');**   // コード内**強調**



[warn] 本文埋め込みリストは55文字まで!(現在74使用):
$ command  **foo** // コマンド内強調
___foo('bar');___  // コマンド内___イタリック___★本文と記法を変えています★
bar (注:こんな風にコメントがつけられます)

(注:見出し的にも使えます)
function bar(b) {
    alert(b);
}



Use of uninitialized value $1 in length at /home/user/repo/md2inao/lib/Text/Md2Inao/Builder/InDesign.pm line 203.
Use of uninitialized value $1 in length at /home/user/repo/md2inao/lib/Text/Md2Inao/Builder/InDesign.pm line 203.
Use of uninitialized value $1 in length at /home/user/repo/md2inao/lib/Text/Md2Inao/Builder/InDesign.pm line 203.
Use of uninitialized value $1 in length at /home/user/repo/md2inao/lib/Text/Md2Inao/Builder/InDesign.pm line 203.
Use of uninitialized value $1 in length at /home/user/repo/md2inao/lib/Text/Md2Inao/Builder/InDesign.pm line 203.
  • 出てきたファイルを見てみよう
% head taggedtext.txt
<SJIS-MAC>
<ParaStyle:本文>章番号:3章(書籍や特集の場合)
<ParaStyle:本文>連載回数:第5回(連載の場合)
<ParaStyle:本文>タイトル:章のタイトルや連載の各回タイトル
<ParaStyle:本文>キャッチ:章のキャッチや記事の各回キャッチ
<ParaStyle:大見出し>見出し1(大見出し、節)
<ParaStyle:中見出し>見出し2(中見出し、項)
<ParaStyle:小見出し>見出し3(小見出し、目)
<ParaStyle:本文> 段落冒頭の字下げは、このように手動でお願いします。改行は、(改行)このように自動で取り除かれます。
<ParaStyle:本文> 通常の本文<CharStyle:太字>強調(ボールド)<CharStyle:>通常の本文<CharStyle:イタリック(変形斜体)>斜体(イタリック)<CharStyle:>通常の本文<CharStyle:コマンド>インラインのコー ド<CharStyle:>通常の本文<cstyle:上付き><fnStart:><pstyle:注釈>注釈ですよ。<fnEnd:><cstyle:>通常の本文<cFont:Key Mother><00A9><cFont:>(←キーボードフォント)<CharStyle:赤字>赤文字<CharStyle:>通 常の本文<cr:1><crstr:ほかむら><cmojir:0>外村<cr:><crstr:><cmojir:>(←ルビ)。
  • よし、あとは任せた[誰]
  • お疲れ様でした
  • 解散!!!